CBR150R FI タンクを持ち上げる

 

CBR150R FIはタンクを取り外すのではなくタンクを持ち上げることでタンク下の作業がある程度できるようになっています。CBR系の燃料ポンプユニットのホースやカプラは脱着が非常に面倒なので、タンクを取り外すことなくエアエレメント交換ができる設計になっているようです。


 

 フューエルタンクサイドカバーの取り外し

 ミドルカウルを取り外し、〇で囲んだネジと矢印あたりにあるトリムクリップを2個取り外します。

 フューエルタンクサイドカバーを取り外しました。

 フューエルタンクカバーの取り外し

 これはネジ未使用で嵌め込んであるだけなので引っ張って取り外します。

 タンクステーの取り外し

 〇で囲んネジ2個取り外し

 タンクステーを取り外しました。

 タンク固定の前側ボルトの取り外し

 サイドカバーの取り外し

 ネジ1個です。

 サイドカバーを取り外しました。

 タンクを持ち上げる。

 タンクの後方はヒンジになっているので、前側のボルト1個取り外せばこのように持ち上げることができます。適当な棒などで支えて持ち上げた状態を維持します。(マニュアルの図に使われている適当な棒はハンマーになっています)

 


 

 MOTO’s MEMOのページトップCBR150Rトップ>タンクを持ち上げる

 

 

inserted by FC2 system