CBR150R FI ステップのラバーの交換

 

このバイクのステップのラバーはしっかりしていません。個人的な妄想ですが、足に伝わる振動対策であえてゴムをブカブカにしてゆるい状態で装着してあるのだと思います。なので耐久性は無く、バイク便で64000km使った車体ならばステップのラバーはボロボロでしょう。さっそく修理しました。


 

 切れてしまっている左ステップのラバー

 普通に走るぶんには大丈夫ですが、スポーツ走行ではコーナリングで踏ん張ることができずニュルっとして危険です。

右側もボロボロです。

 なんでこうなるのかと言うと、被せてあるラバーがブカブカで空間があり、踏みつけると歪んでしまってそのうちゴムが千切れてしまうのです。

 ラバーの単品が出るのでとりあえず交換することにしたのですが、サービスマニュアルにはこの作業の項目がありません。なので作りを観察してから作業をしました。ボルト1個で固定してあるのはわかったのですけど、そのボルトに回り止めがしてあります。(端の大きなボルトはただのバンクセンサーです。簡単に接地しすぎ!速攻取り外しました)

 その回り止めをタガネで叩いて曲げました。

 これでボルトを回すことでき、バンクセンサーが付いた金具が取り外せます。

 取り外したバンクセンサーの付いた金具

 被せてあるだけのラバー

 新品のラバー(2個で640円)

 交換しました。ブカブカなので中央を指で押せば凹みます。それだけでなくこのステップ、すぐに接地してしまうのでスポーツ走行には不向きです。バックステップに交換してみようと思います。

 


 

 MOTO’s MEMOのページトップCBR150Rトップ>ステップのラバーの交換

 

 

inserted by FC2 system