CBR150R FI サイドスタンドの修理

 

この車両は私が手にする前までは業務用(バイク便)でした。燃費が凄く良く、いざと言うときには高速も走れるということでCBR150Rをチョイスしたのだと思われますが、重量物を運ぶ業務で使うとサイドスタンドにダメージが出ます。バイク便で使うならばもう少し頑丈な250ccを選択したほうが良かったのかも知れません。とりあえず溶接で修理してみました。


 

 サイドスタンドのガタが激しく、かなり傾いてしまいます。観察するとサイドスタンドだけでなく、フレームも摩耗して痩せていました。こうなると溶接で肉盛りするしかありません。

 摩耗したサイドスタンド

 ここを肉盛りします。

 フレーム側

 矢印の部分を肉盛りします。

 単相200Vノンガス半自動溶接機(安物)ですけどこれで十分直せます。意外と活躍するので、これは持っていて大正解です。

 

 盛っている最中

 盛りました。

 面を出しているところ

 ディスクグラインダーにアタッチメントを取りつけてベルトサンダー化するやつも結構活躍しています。

 修理完了

 写真がありませんがフレーム側も適当に盛ってベルトサンダーで面を出しました。サイドスタンドの動きが渋くなって出し入れが重くなってしまいましたが、とりあえず正常な状態に戻りました。

 


 

 MOTO’s MEMOのページトップCBR150Rトップ>サイドスタンドの修理

 

 

inserted by FC2 system