CBR150R FI ブレーキレバーの交換

 

作業のほうは説明不要だとは思いますが、CBR150R FIの純正レバーと社外品レバーについての情報です。


 

 ブレーキレバーが曲がっていたので交換することにしました。

 ブレーキレバーが曲がって握りが遠くなると力が入らずブレーキの効きが悪くなるのと同じ状態になるので、私は放置しません。

 ピボットナット/ボルトの取り外し

 上:新品ブレーキレバー

 下:曲がったレバー

 交換完了(ピボットボルトにはマルチグリス、レバーと接触する部分のダストカバーにシリコングリスを塗布)

交換できるブレーキレバー

 CBR125R/250R等と共通のレバーです。

1、純正品番53175-KPP-T01

2、社外品ならキタコ製K-PITシリーズ(HR14)等

 グロム用でも装着できますが、全長がちょっと短くなります。(グロム用の場合はキタコ製ならHR13)

交換できるクラッチレバー

1、純正品番53178-KPK-900

2.キタコ製K-PITシリーズ(HL-13)

 クラッチレバーはCBR125R(150R)専用品です。基本ポン付けの流用品はありません。(グロムのクラッチレバーは付きません)

 タンデムシート下トレーに車載工具とレバー2本が入るので転倒対策で常備しておきました。

 


 

 MOTO’s MEMOのページトップCBR150Rトップ>ブレーキレバーの交換

 

 

inserted by FC2 system