CBR150R FI フォークオイルの交換

 

フォークオイルの交換もオークションで車両を購入したら必ずやる作業の一つです。このときはステムベアリングの作業と同時に実施しました。(作業実施日2019/2月)


 

フロントフォークのトップキャップを緩めました。

フロントのアクスルナットを緩めました。

キャリパーの取り外し

ジャッキアップ

 このときはステムを取り外す作業と同時に実施したので、フロントスタンドは使用せずサイドスタンド状態のままジャッキでフロントを上げました。

フロントホイールの取り外し

フロントフェンダーの取り外し左側

フロントフェンダーの取り外し右側

上側はスタビライザーが付いています。

取りはずしたフロントフェンダー

ハンドルのクランプを緩めました。

 フォークを下方に抜くにはクランプボルトだけでなく抜け止めのCリングも取り外す必要があります。

 これでフォークが抜けます。ハンドルは上へ抜くことなくこのままにしておきます。固定されているハーネスを緩めないとハンドルが取り外せないからです。

ハーネスバンドを取り外しました。(再使用可)

ステムのフォーク固定ボルトを緩めました。

トップブリッジのフォーク固定ボルトを緩めました。

フォークの取り外し

フォークを取りはずしたところ

 フォークを抜くとハンドルの固定が無くなるのでハンドルが垂れ下がった状態になります。外装に接触しないように養生する必要があります。

トップキャップの取り外し。

既に緩めてあります。

中身の取り外し

いたって普通の構造です。

オイル抜き

2013年式走行64000kmのフォークオイルの状態

いたって普通の劣化具合だと思います。

フォークオイルの計量(#10)

221ml±2.5ml

油面の調整

オイルレベル121mm

組み立て

スプリングはピッチが狭いほうが下になります。

フォークオイルの交換が完了しました。

フロントフォークの取り付け

この時点でマニュアルの突き出し32mmを測定しておきます。

アクスルシャフトを入れて左右の突き出しを合せます。

フォークの取り付け

ハンドルの取り付け

フェンダーの取り付け

ホイールとブレーキの取り付け

完了しました。

 


 

 MOTO’s MEMOのページトップCBR150Rトップ>フロントタイヤの交換

 

 

inserted by FC2 system