CBR150R FI バックステップの装着



ノーマルのCBR150Rはステップをすぐに擦ってしまうので安価なノーブランドのバックステップに交換しました。

送料無料95$ 説明書等なし (作業実施日2019/3月)


 

CBR150Rのステップ

個人的に位置に関してはベストなのですが・・・  

 バンクセンサーのボルトだけ外しても、このようにステップ裏が下に出っ張っている形状なのですぐに擦ってしまってバンク角が足りません。

 社外のアルミ丸棒タイプのステップペグに交換するのが安上がりで良いと思いますが、タイ製バックステップが安価で出ているのでどんなもんかと交換してみました。

 作業 右側ステップASSYの取り外し 

 

 裏返しにしたところ

 ブレーキランプスイッチ/スプリングの取り外し

 マスターシリンダーとブレーキリターンスプリングの取り外し

 割りピンの取り外し

 シャフトの取り外し

 これでステップASSYが取り外せます。

 マスターシリンダーのエンドアイ(と呼べばいいのか?)をバックステップキットに付属しているピローボール式エンドアイに交換するのですが、矢印の突起(回り止め)を取り外さないとエンドアイが取り外せません。

 突起の取り外し

 ニッパーで掴むと容易に引き抜くことができます。

 エンドアイの取り外し

 付属のピローボール式エンドアイに交換

 マスターシリンダー・ブレーキランプスイッチの取り付け

 このバックステップキットにはスプリング自体は付属しているのですが、スプリングを引っ掛ける部分が見当たりません。仕方なく適当なボルトを取り付けてブレーキスプリングの引っ掛けにしました。

 リターンスプリングの引っ掛けもないので、これも適当なボルトを取り付けて引っ掛けにしました、

 右側バックステップ取り付け

 ブレーキの高さとランプスイッチを調整するとブレーキの効きもノーマル同等でランプの点灯も問題ありません。

 左側ステップASSYの取り外し

 チェンジアームをチェンジシャフトから取り外す

 取り外した左ステップASSY

 割りピンを抜いてロッドとチェンジアームを切り離し、バックステップキットのロッド(ピローボール)にチェンジアームを取り付ける。

 左側バックステップ取り付け

 オフセットしたチェンジロッド2本をピローボールで繋げて動作させる複雑な作りになっているのためかシフトタッチの感触がややグニュグニュします。その2本のロッドの接続に使うカラーが付属していなかったので自作しました。とにかくパーツが揃っていなかったのでポン付けできませんでした。このあたりを解決する自信が無い方はこの製品の購入はお勧めしません。

 

 


 

 MOTO’s MEMOのページトップCBR150Rトップ>バックステップの装着

 

 

inserted by FC2 system