CBR150R FI フロントタイヤの交換

 

この車両を入手したときに付いていたタイヤは標準タイヤのRX-02(2016年製)でした。山はたっぷりあるもサーキットを走るのには向いてないタイヤなので交換することにしました。(作業実施日2019/3月~)


スタンドがけ

 フロントキャリパーは外さなくても交換できますがパッドの様子を見たかったので外しました。

 割ピンを使わないロックナットです。ロックナットの場合は回り止めしないとシャフトが回ってしまうので反対側を14mmのメガネで押さえました。

 シャフトを抜いたところ

 メーターギア

 カラー

 エアバルブの取り外し

 いつも使ってる手動タイヤチェンジャー

 50回くらい使っているのでボロいですが、機械に負担をかけないように考えながら使っているので壊れていません。力をかけないでハンドルが回るよう考えて作業する癖がつくと、レバーでも力を使わず脱着できるようになりホイールにも傷を付けなくなったので、最近はこれを使わないこともあります。

 ビード落とし

 取り外し

 外したタイヤの中に高確率で存在する謎の玉??

 エアバルブはしっかりしてたので未交換です。

上:取り外したRX-02(2016年製)

下:交換するTT900GP(2015年製)

 2015年製のハイグリップタイヤ、出品者曰く、ほぼ未使用でヒビ割れなし、保管はラップ巻き、セットで4500円・・ということで掛けに出ました。

 しかし!現物はカチカチだった・・・ガクッ

 買っちまったモンは使うしかありません。作業を継続

 バイアスだからなのかカチカチタイヤだからなのかわかりませんがゴムが硬すぎて手動タイヤチェンジャーのハンドルが回らないためレバーで取りつけることに・・・

 ビードはすんなり上がりました。

 グリスアップ

 カラーを取りつけた際緩くてすぐ落ちちゃうときはケチらずシールを交換したほうが良いです。

 メーターギアにもグリスをたっぷり。とにかく私はグリスを詰め込むのが好きなのですが、害はあるのかしら?

 締め付けトルク59N

 完了

 さっそくこのタイヤでコースを走ったらたくさん転倒しました。やっぱり中古タイヤは3年が限界かなと再認識。失敗しました。

 という訳で新品タイヤを入手

 新品タイヤを購入したときは溝の深さをデーター取りします。

 BT39SSフロントのスリップサインはセンターだけ(サイドにはない)

 100/80-17の溝の深さはこんな感じでした。

 バイアスはレバーで脱着したほうがラクかも

 メーターギアとフロントフォークの位置合わせ

 このタイヤ(BT39ではなくBT39SS)はプロダクションタイヤ(公道可のレース用)なのでメッチャグリップします。ライフはまったくありませんので街乗りで使うのはお勧めしません。

2019/10/19追記 フロントタイヤ3回目の交換(新品BT39SS 100/80-17)(作業年月日2019/9/2)

 上記の新品BT39SSはクローズド走行約1000kmでサイドの溝がほぼなくなったので交換することにしました。
 関係ないですが茂っているのは庭で育てているサツマイモ

 下は新品BT39SS

 センターの摩耗は新品と変わりません。本当にもったいないです。

 17インチの小型でサーキット走行するならフロントタイヤはBT39SSが定番です。

 150ccは高速道路でトミンに行けてBコースのフリー走行も楽しめるので手放すつもりはないです。

2020/9/26追記 フロントタイヤ4回目の交換(新品BT39SS 100/80-17)(作業年月日2020/6月)

上記3回目交換の新品BT39SSは1300km走行して交換になりました。(サーキットまで何回か自走したので距離は伸びた)
サイドの山がなくなってしまった
中古のBT39SS(バリ山)に交換
バイアスはレバーで交換したほうが速い
このリムガードは薄くて強度がありお勧めです。

 

 MOTO’s MEMOのページトップCBR150Rトップ>フロントタイヤの交換

 

 

inserted by FC2 system